享保17年の降雹

災害年月日
1732年11月15日
市町村
高知県
災害種類
その他(ひょう)  
概要
享保17年(1732)9月28日、降雹。前野氏家記には「風雨洪水雷鳴、高知辺は驚く程の事も無かりしが野田、立田、物部、大埇、野市、赤岡辺は大雷にて雹降り野菜、二番作悉く打倒れ人家二、三軒潰れ人も痛みたる由御郡方へ注進之有、但し一円には之なく在所の内痛まぬ処も有」と記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、22頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹 前野氏家記
NO.
高知3669

よく似た災害

享保15年の降雹・干ばつ・長雨

享保15年(1730)5月に降雹があり、5月~6月の田植え時期には一滴の雨も降らず、7月には連日の長雨となった。さらに8月には疫病が大流行し、加えてウ... 続きを読む

文政5年の洪水

文政5年(1822)7月、大洪水。(町水害史による)/小姓町にある郡方役所の土居屋敷へ移転したるは文政5年7月の洪水に驚き移転になりしという。この時新... 続きを読む

享保3年の降雹

享保3年(1718)5月4日、霜降り、寒気甚だしく、牛馬2,200余り死す。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」による) 続きを読む

享保15年の降雹

享保15年(1730)5月、雹が降った。 続きを読む

享保4年の降雹

享保4年(1719)8月、雹降り、五穀不作。蝗発生し、大飢饉となった。高松藩士の禄10分の5を収めさせた。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、... 続きを読む