昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日9時50分、台風5号が宿毛に上陸し、伊予灘、山口県を縦断して日本海に抜けた。須崎市は集中豪雨となり、須崎市は13時25分に大間、西崎、妙見、土崎、赤崎町に避難命令を出したが、5分もたたずに桜川尾殿堤防130mが決壊し、濁流が土崎・妙見町をひと飲みにした。増水した水位は多ノ郷駅前の県道で最高2m20cmに達した。この時の浸水は昭和21年の南海震災の津波浸水よりも50cm位低かったが、家財の浸水被害額は南海震災入りも数倍も多かった。
Googleマップ
参考文献
井上伝恵「多ノ郷駅の今昔と災害の思い出」(須崎史談会編「須崎史談 第77号」須崎史談会、1988年)、17-18頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 集中豪雨 避難命令 桜川 尾殿堤防決壊
NO.
高知4021

よく似た災害

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日午前6時30分、台風16号が足摺岬南海上を経て室戸市に上陸した。須崎市では、暴風雨・洪水・波浪警報の発令を受けて、午後... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日未明、南海地震が発生。高知県内で、死者670人、負傷者1,836人、行方不明9人、住宅の全壊4,834戸、半壊9,0... 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月10日午前8時半、台風23号(945ミリ)は安芸市付近に上陸し、東進した。速度が速く、雨量は少なかったが、須崎市内では床上・... 続きを読む

昭和3年8月18日の水害

昭和3年(1928)8月18日、17日から降り出した雨により、水位は桑村中須の県道上で5尺となり、床上浸水家屋は30戸に達した。桑葉は摘桑した直後で被... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。この冊子には、小松島市の「立江川排水改良事業之碑」、立江八幡神社「農地災害復旧碑」、阿南市鵠の... 続きを読む