明治23年の水害

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月10日から降り始めた雨は11日も続き、新荘川の水量は平水より2丈余の高水となり、堤防が決壊して田畑、人家を押し流し、一夜にして上分全地区を濁流渦巻く大海原と化した。このため、当時の上分の戸数486戸のうち、本家の流失33戸、全倒18戸、半倒30戸、大破8戸、家屋浸水278戸、水死・行方不明者8人、堤防流失77箇所、道路流失139箇所、橋梁流失15箇所、田流失20反歩、畑ヶ流失10反歩、宅地流失2反歩、山岳崩壊1,200箇所等の大損害を受けた。(須崎史談会編著「おもかげ」による)
Googleマップ
参考文献
堀内仁蔵「明治23年の水害」(須崎史談会「須崎史談 第83号」須崎史談会、1990年)、35-37頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
洪水 新荘川 上分 死者 山崩れ
NO.
高知4022

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、台風に伴う大雨により、特に新荘川筋の出水は平水より7m余高く、堤防を決壊して田畑、人家を押し流し、上分、新荘地区に大... 続きを読む

明治45年の水害

明治45年(1912)9月23日、宮川内谷川の堤防決壊14箇所、延長427間、荒地14町7反歩、浸水200町歩、流失家屋6棟、倒壊家屋18棟、死者3人... 続きを読む

明治45年の水害

明治45年(1912)9月23日、宮川内谷川の堤防決壊14箇所、延長427間、荒地14町7反歩、浸水200町歩、流失家屋6棟、倒壊家屋18棟、死者3人... 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、暴風雨により、鈍川村で浸水破壊家屋3戸、道路決壊11箇所104間、堤防流失3箇所60間、井堰決壊16箇所68間。 続きを読む

明治32年9月21日の台風

明治32年(1899)9月20日夜、台風が九州西岸を北上し、22日午後日本海に入った。進行速度が遅く、大雨被害を出した。森村史には「18時より大暴風雨... 続きを読む