元禄13年の台風

災害年月日
1700年09月05日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
元禄13年(1700)7月22日、大波。弘列筆記には、「大波風、東は濤之浜、三津、椎名、西は須崎より西分、大風此の日室津、吉良川辺の漁船浦戸沖にて難風に死者100人余、幡多郡浦辺にて破損船、死人過分都て166人死人有此也」と記されている。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、57頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 弘列筆記 死者
NO.
高知4034

よく似た災害

元禄13年の高波

元禄13年(1700)7月22日、大波。弘列筆記には「大波風、東は濤之浜、三津、椎名、西は須崎より西分大風、勿論諸郡山分方大風也、此日室津、吉良川辺の... 続きを読む

元禄15年7月の台風

元禄15年(1702)7月28日、台風、高潮。南路志には「28、29両日大風大雷雨にて民屋、耕作の損傷寛文6年(1666)より大にして被害甚大」と記さ... 続きを読む

文政11年の台風

文政11年(1828)8月9日、台風により、幡多郡大谷村で人家破損多し。(宮崎家資料による) 続きを読む

大正3年の台風

大正3年(1914)9月14日、台風により、幡多郡の被害は全壊1,152戸、半壊821戸、中村で死者3人、負傷者3人、宿毛漁船遭難により死者11人、行... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)8月、風雨、洪水。幡多郡で死人1人、損田2,939石余、堰切崩22,050軒余、流家12軒。(水害史による) 続きを読む