宝永元年の風水害

災害年月日
1704年08月01日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
宝永元年(1704)7月1日、風水害。南路志には「6月30日雨、酉の刻大雷雨中下刻(17時)より大風雨」と記されている。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、57頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
風水害 南路志
NO.
高知4037

よく似た災害

宝永元年の風水害

宝永元年(1704)7月1日、風水害。御家年代記には「朔、4日、17日風雨洪水、損亡地高8万石」と記されている。南路志には「6月30日酉の刻大雷雨、申... 続きを読む

元禄15年7月の台風

元禄15年(1702)7月28日、台風、高潮。南路志には「28、29両日大風大雷雨にて民屋、耕作の損傷寛文6年(1666)より大にして被害甚大」と記さ... 続きを読む

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む

久安6年の風水害

久安6年(1150)、風水害。日本凶荒史考には「この年風水、諸国飢窮す」と記されている。本朝世期には「阿波、讃岐、土佐等11ヶ国司申す、失損により去年... 続きを読む

宝永元年の火災

宝永元年(1704)2月19日、火災。弘列筆記には「寅刻紺屋町北側より出火、播磨屋町、鰯町、鍛治屋町、築屋敷、魚棚町、材木町、弘岡町等数ヶ町卯の刻に焼... 続きを読む