宝永7年の大雨

災害年月日
1710年05月00日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
宝永7年(1710)4月中旬、大雨、大水により、堤数箇所切れる。寄夫用飯米20石。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、57頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雨 洪水 堤防決壊
NO.
高知4038

よく似た災害

宝永7年の洪水

宝永7年(1710)4月中旬、大雨大水により堤数箇所切れる。 続きを読む

嘉永元年の大雨

嘉永元年(1848)6月12日昼頃、大雨により大川筋数箇所切れる。5月中旬以来、各地で被害。死者は川上1人、九王3人。17日、代官が水損視察。(「加茂... 続きを読む

享保11年の風水害

享保11年(1726)9月22日~23日の風水害により、吾井郷堤数箇所切れ、土崎の汐留堤切れる。 続きを読む

享保11年の風水害

享保11年(1726)9月22日~23日、風水害により、吾井郷堤が数箇所切れ、土崎の汐留堤切れる。 続きを読む

明和9年の洪水

明和9年(1772)、大洪水により、高屋浜の堤塘数箇所切れ込み、浜一円荒浜となる。 続きを読む