宝暦7年の風雨

災害年月日
1757年08月29日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
宝暦7年(1757)7月26日、風雨により大木倒れ、大波により須崎浜、今在家とも家屋大破損。在所中の本家、納屋30軒余倒れ、氏宮の木は残らず倒れる。稲田はすべて鎌入れできない大損毛。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、59頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
風雨 大波
NO.
高知4046

よく似た災害

宝暦7年の台風

宝暦7年(1757)7月26日八つ時(2時頃)より大時化、大浪。大木が倒れ、浦々は大浪で大損害。須崎浜では家屋が大破損。家屋30軒余倒れる。氏宮の木は... 続きを読む

宝暦7年7月の洪水

宝暦7年(1757)7月26日、田野浦の町中に水入り、宝暦元年の水より1尺余増えた。家や古蔵の瓦は吹き散り、潰れた家は10軒に達した。新町に波が打ち込... 続きを読む

宝暦7年7月の風雨

宝暦7年(1757)7月26日、大風雨、洪水となり、宝暦元年より1尺余増水し、家の瓦は吹き散った。御分一役場をはじめ潰家は数十軒に達し、新町に波が打ち... 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)6月25日から26日の大雨、大洪水により、渡場の大堤3、40間切れ、水門より下が残らず決壊した。町中に水入り、騒動は夜5ツ時から... 続きを読む

宝暦7年9月の風雨・高潮

宝暦7年(1757)9月5日、風雨続き、大波となり東町の家3軒潰れ、御分一役場は再建し、棟上げの翌日また倒れる。(「福留喜惣太の手記」による) 続きを読む