文化元年の風雨

災害年月日
1804年08月31日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
文化元年(1804)7月26日、領内暴風雨により、高岡・幡多二郡被害甚大。(「高知年表」による)
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、60頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
風雨 高知年表
NO.
高知4048

よく似た災害

文化元年の台風

文化元年(1804)7月26日、領内暴風雨、高岡・幡多二郡被害大。 続きを読む

文化元年7月の台風

文化元年(1804)7月26日、暴風雨により、高岡、幡多二郡の被害甚大。(「高知県歴史年表」、「高知県災害異誌」による) 続きを読む

文化元年7月の台風

文化元年(1804)7月26日、暴風雨により、高岡、幡多二郡の被害甚大。(「高知県歴史年表」による)森家日記には「四ツ頃より時化、南東風暮頃止む」と記... 続きを読む

文化元年の風雨

文化元年(1804)7月26日、風雨により、高岡・幡多被害大。 続きを読む

文化9年の洪水

文化9年(1812)7月21日、仁淀川の洪水により高岡、中島、塚地辺りでは流失の家のあったようである。高岡の商人が貯えていた米も夥しく濡れたとのことで... 続きを読む