慶応2年の風雨

災害年月日
1866年08月07日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)6月27日~28日、風雨。長谷川文書には「此時の洪水無類也。先年寅の大変の時に一分もかわらず、池田より中町筋の御普請場迄一円の水なり、下分は門谷、長竹、岡本一円池の如くなり」と記されている。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、61頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
風雨 長谷川文書
NO.
高知4055

よく似た災害

慶応4年8月の風雨

image

慶応4年(1868)8月1日、風雨。真覚寺日記には「晩方風雨、波大に高し。夜に入雨ますます降り雷鳴甚し、谷水大に漲る。2日、大雨、谷水堤を切って田の中... 続きを読む

慶応2年の風雨

慶応2年(1866)8月5日から7日夜までの豪雨により、国内の各河川はあふれ翌8日まで大水で甚大な被害を受けた。「寅年の大水」という。「名東郡史」には... 続きを読む

慶応2年の台風

慶応2年(1866)6月28日~7月1日、大風雨により、下分では門谷、長竹、岡本一円池のようであった。(「長谷川文書」による) 続きを読む

慶応元年の洪水

慶応元年(1865)2月1日、雷雨、出水。安政5年(1858)以来の水なりという。(「上岡利太郎手記」による) 続きを読む

文化元年8月の風雨

文化元年(1804)8月29日、風雨、洪水。御郡中人家、御普請所破壊。(小野家資料による) 続きを読む