慶応4年の長雨

災害年月日
1868年05月00日
市町村
高知県土佐市
災害種類
その他(長雨)  
概要
慶応4年(1868)閏4月~5月、長雨。「真覚寺日記」には「5月18日、当年ほど雨の降る年もなく暑き事もなし、此頃の雨天の寒さに風を引くもの多し。余り降り過ぎて畠の為悪しという。漁事もさっぱりなく惣じて淋しき事なり」と記されている。
Googleマップ
参考画像
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、61頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
長雨 真覚寺日記
NO.
高知4056

よく似た災害

慶応4年の長雨

image

慶応4年(1868)閏4月~5月、長雨、新居川(仁淀川)大水。真覚寺日記には「5月18日、当年ほど雨の降る年もなく暑き事もなし。此頃の雨天の寒さに風を... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、8日、大風、洪水。8月1日より降り始め、7日より8日にかけて、大暴風雨、堤防決壊、橋梁流失夥し。寅年の大水という。(「讃... 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月7日、8日、大風、洪水。8月1日より降り始め、7日より8日にかけて、大暴風雨、堤防各処で決壊。寅年の大水という。(「讃岐国大日... 続きを読む

慶応2年8月15日の大雨

image

慶応2年(1866)8月15日、大雨。真覚寺日記には「九ツ頃より雨降り出す。夜中大雨、浪高し。16日新居川又出水、往来留という。浪も高し。夜九ツ頃月触... 続きを読む

慶応元年の長雨

慶応元年(1865)春、松山だけでなく瀬戸内海全域に長雨が続き、麦作が不作となった。 続きを読む