明治26年の台風

災害年月日
1893年10月14日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治26年(1893)10月14日~16日、台風が足摺岬を通り東進し、西部海岸に甚大な被害。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、69頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風
NO.
高知4061

よく似た災害

明治26年の台風

明治26年(1893)10月14日、台風が宮崎、足摺を通り東進して汐岬沖合へ南転した。大内町史には「暴風雨激浪堤欠山崩あり」と記されている。 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)8月8日の台風6号(伊勢湾台風、930ミリ)、伊勢湾を中心に中央日本に甚大な被害を与えたが、本県は東部海岸に大波が打ち寄せ、被害... 続きを読む

明治6年8月の台風

明治6年(1873)8月29日、暴風雨により、重信川など河川が氾濫して、各地に甚大な被害を与えた。 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月、台風17号により、波方町に甚大な被害が出た。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月、台風10号により、波方町に甚大な被害が出た。 続きを読む