明治32年8月の台風

災害年月日
1899年08月28日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月28日、台風が幡多郡下田付近に上陸し、岡山方面に抜けた。風力は高知城天守のシャチや測候所の風力計が飛ぶほど激しかった。高知県内の被害は死者104人、負傷者192人、全倒7,469戸、半倒2,733戸であった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、70頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 死者
NO.
高知4065

よく似た災害

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風が宿毛市に上陸し、高知城のシャチ、測候所の風力計が飛ぶ。 続きを読む

明治32年の台風

image

明治32年(1899)8月26日、29日、台風。最低水銀722.25ミリ。高知城天守閣のシャチや測候所の風力計が吹っ飛んだ。 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により須崎小学校の一部倒壊。上分村の記録では、倒壊家屋17戸、半壊9戸、小学校含めて大破18棟。桜川も氾濫した。... 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風。梼原の降雨量は264ミリ。(「高知県災異誌」による)/19時15分、高知測候所の風速計飛ぶ。(「高知県史」によ... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)、台風により、仁淀川では多数の死者を出したが、物部川では西岸竹が鼻の堤防が約100間決壊した。また、8月28日の台風では、高知城... 続きを読む