明治32年9月の台風

災害年月日
1899年09月21日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)9月21日、台風により、上分村では住家全壊17戸、半壊9戸、納屋全壊8戸、学校大破1棟、堤防決壊2箇所等の大被害が出た。また、浸水家屋は床上8尺以上4戸、5尺以上2戸、3尺以上18戸、3尺以上15戸であった。さらに、新荘村の大角豆尻では堤防破損があった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、70-71頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 上分村 新荘村
NO.
高知4066

よく似た災害

明治32年9月の台風・豪雨

image

明治32年(1899)9月21日、台風と豪雨により被害が続いた。上分村役場所蔵の記録によると、田畑の損害のほか、住家の全壊17戸、納屋その他25戸、半... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪、積雪1尺以上、神懸山中では1尺5寸以上であった。 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から北東の暴風雨となり、21日にはさらに猛烈となって、正午頃から水量が増加し、午後2時頃には家屋への浸水が始... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪、積雪1尺以上。 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日午後2時頃には家屋の浸水が始まった。午後5時の四万十川の最高水量は平水より2丈9尺... 続きを読む