明治40年の大雪

災害年月日
1907年02月11日
市町村
高知県
災害種類
雪害  
概要
明治40年(1907)2月11日、低気圧が四国沖を通過したため、大雪となった。積雪は須崎・斗賀野峠で1尺~1尺5寸、梼原で8尺5寸、窪川で5寸、高知で4~5寸。安芸では積もらず、中村方面は雨。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、73頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雪
NO.
高知4070

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、低気圧が四国沖を通過したため大雪となった。積雪は本山で15~18尺、梼原で8.5寸、須崎・斗賀野峠で1尺~1.5尺、... 続きを読む

明治33年の大雪

明治33年(1900)12月9日、大雪のため、梼原で56cm積もった。(「高知県災異誌」による) 続きを読む

明治32年9月の秋雨

明治32年(1899)9月19日~29日台風等による秋雨が11日間に及び、この間の雨量は越知で972ミリ、窪川で865ミリ、土佐清水・中村で565ミリ... 続きを読む

明治40年の台風

明治40年(1907)9月、台風により、明治23年(1890)以来の洪水となった。中村町の高地にある京町、中ノ町、市ノ辻辺りまで床下浸水。(「中村町風... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風(720ミリ以下)。佐川・斗賀野方面の被害が特に激しかった。 続きを読む