明治44年の台風

災害年月日
1911年08月15日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治44年(1911)8月15日、台風による大雨で、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きかった。須崎の雨量200~300ミリ、梼原379ミリ、越知318ミリ。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、73頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨
NO.
高知4072

よく似た災害

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月18日17時頃、台風が土佐清水の西に上陸し、米子に抜けた。雨量は16日に久主で350ミリ、越知で122ミリ、17日に川崎で2... 続きを読む

明治41年の大雨

明治41年(1908)8月10日、低気圧が停滞して大雷雨となった。特に越知、須崎を中心に日雨量が400ミリとなり、越知、戸波では11日夜まで続き、出水... 続きを読む

明治31年の台風

明治31年(1898)9月2日、台風が九州南部から四国を通り、多少の被害が出た。8月30日~31日の雨量は須崎で398ミリ、越知・高知で247ミリ、桑... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月15日、台風により、山地での日雨量は400ミリを越した。西部の被害は大きく、また吉野川が大洪水となり、徳島で土佐水と言われる... 続きを読む

明治24年の地震

明治24年(1891)10月16日7時6分頃、豊後水道南西部でM6.6の地震が発生し、大分県東部の被害が大きかった。南予の被害はほとんどなし。 続きを読む