大正7年の台風

災害年月日
1918年07月12日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  高潮  
概要
大正7年(1918)7月12日、台風に伴う大雨で、梼原付近では雨量が700ミリを越え、中部以西は大洪水となった。土佐湾沿岸では高潮害も大きかった。須崎でも高潮の害があった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、74頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水 高潮
NO.
高知4075

よく似た災害

大正7年7月の台風

大正7年(1918)7月12日、台風により、2日連続の大雨となった。梼原付近では700ミリを越え、中部以西は大洪水となった。土佐湾沿岸の安芸、須崎では... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が来襲し、沿岸では高潮により浦戸湾堤が決壊し、家が流失、電信、電力が不通となった。 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が九州中央を北上した。梼原付近では6日~8日に各日200ミリ以上の雨が降り、台風関連の総雨量は900ミリを越すほど風... 続きを読む

大正元年8月の台風

大正元年(1912)8月13日、大型台風が土佐湾から夜須付近に上陸した。このため、海岸では高潮と暴風で松の大木が倒れ、羽根村では新築小学校2棟、中川内... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月、台風により、大洪水となり、海岸では高潮に見舞われた。(「徳島県災異誌」、「水害統計」、「那賀川改修史」等による)(那賀川にお... 続きを読む