昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  高潮  
概要
昭和9年(1934)9月21日午前3時頃、台風は足摺岬の南南東に達し、土佐湾を通過して、午後5時に奈半利町に上陸した。被害は安芸郡で大きく、県西部では比較的少なかった。被害の最大の要因は高潮であり、高潮の高さは室戸付近で12~13m、須崎港では4mであった。当時、須崎の富士ヶ浜には防潮堤もなく一面の砂地であり、打ち寄せる波は西町、中町付近の人家に進入した。高岡郡下の被害は死者・行方不明者1人、負傷者2人、住家全壊21戸、流失15戸、床上浸水136戸等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、75-76頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
室戸台風 高潮 死者
NO.
高知4081

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

image

昭和9年(1934)9月21日午前5時、台風が奈半利町に上陸し、その後東北進した。室戸で観測した最低気圧は684ミリ、最大瞬間風速65m、最大風速45... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、室戸台風が奈半利町と羽根村の境付近に上陸し、5時10分には低気圧の世界記録である911.6ミリバール、瞬間風速... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時10分、室戸台風が室戸岬を通り、北進した。室戸岬通過時の最低気圧は684ミリであった。徳島では15m以上の暴風が... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日朝、台風が室戸岬を通った。風により多くの建物が倒壊した。台風被害は、北海道を除いた全国各地に及び、特に大阪では高潮被害を... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が通過し、家屋の倒壊多く、死者もあり、被害は甚大であった。 続きを読む