昭和16年の台風

災害年月日
1941年08月15日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和16年(1941)8月15日7時頃、台風が安芸付近から上陸し、米子に抜けた。総雨量は佐川、窪川付近が400ミリ。県下の被害は死者3人、家屋全壊13戸、流失8戸、床下浸水1,000戸等であった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、77頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 死者
NO.
高知4086

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月2日、台風が佐賀町付近に上陸した。県下の被害は、死者・行方不明者13人、家屋全半壊18,000戸などであった。 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風襲来により、被害の大部分は香川県中部の内陸部に集中した。県下の被害は死者307人、負傷者955人、家屋全壊7,0... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、室戸台風が奈半利町と羽根村の境付近に上陸し、5時10分には低気圧の世界記録である911.6ミリバール、瞬間風速... 続きを読む

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を急速に北上した。21日~24日の雨量は須崎で500~800ミリ、大正959ミリ、梼原894ミリ、東津... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日朝、台風が足摺岬付近に上陸し、北北東進したため、被害は四国、近畿を中心に全国的に起こった。徳島県下の被害は死者・行方不... 続きを読む