昭和21年の台風

災害年月日
1946年07月29日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和21年(1946)7月29日、台風により、雨量は須崎で300ミリ、東津野で716ミリ、梼原で612ミリ、大野見で533ミリとなった。幡多郡では昭和10年以来の大洪水となり、伊野町では仁淀川の氾濫で30年来の惨害となった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、78頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 洪水
NO.
高知4090

よく似た災害

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、中級台風により、足摺の風速21.7m、総雨量247ミリの暴風雨となる。幡多郡では昭和10年以来の大洪水となり、中村で... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。県内の雨は28日、29日に集中し、東津野で700ミリ、魚梁瀬で600ミリを越えた。幡多郡では... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。幡多郡では昭和10年以来の大洪水となり、具同の最高水位は29日22時に9.8となり、中村町で... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。県内の雨は28日、29日に集中し、降雨量は東津野700ミリ超、魚梁瀬600ミリ超、大正609... 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)8月17日~18日、暴風雨により、中村は浸水し、明治40年以来の大洪水となった。渡川と後川の洪水写真等5枚あり。 続きを読む