昭和26年のルース台風

災害年月日
1951年10月14日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)10月14日、台風15号(ルース台風)により、山岳部では200~300ミリの降雨があった。13日~14日の雨量は東津野で304ミリ、梼原で203ミリであった。須崎の被害は家倒壊8戸、半壊4戸、浸水10戸、橋損壊1箇所、田流失0.6町歩、倒伏45町歩、損害見積額250万円に及んだ。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、79-80頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
ルース台風
NO.
高知4094

よく似た災害

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日、ルース台風により、香川県では風雨が強まり、死者1人、負傷者2人、家屋の全壊58戸、半壊83戸、床下浸水28... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日から15日夜に、台風15号(ルース台風)が鹿児島から広島に抜けた。この台風の主な被害は高潮で、小松島の高潮偏差最大は... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日から15日夜に、台風15号(ルース台風)が鹿児島から広島に抜けた。この台風の主な被害は高潮で、小松島の高潮偏差最大は... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日から15日夜に、台風15号(ルース台風)が鹿児島から広島に抜けた。この台風の主な被害は高潮で、小松島の高潮偏差最大は... 続きを読む

昭和26年のルース台風

昭和26年(1951)10月14日~15日のルース台風により、香川県内では風雨が強く、死者1人、負傷者2人、家屋の全壊58戸、半壊83戸、床下浸水28... 続きを読む