昭和29年の洞爺丸台風

災害年月日
1954年09月26日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和29年(1954)9月26日、台風15号(洞爺丸台風)により、本県では2時から7時にかけて暴風が激しく、宿毛では6時13分に最大瞬間風速54.8mを観測した。強風時が満潮時と重なったため、大波が海岸に打ち上げた。須崎付近でも戦後最大の強風となり、6時に風速40mを観測し、瓦が飛び、塀が倒れるなどの被害があった。当時の須崎高校の増築校舎北側の瓦が大半吹き飛んだ。須崎の被害は全壊76戸、半壊194戸、応急仮設住宅22戸、応急修理住宅58戸に及んだ。須崎は災害救助法の適用を受けた。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、81頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
洞爺丸台風 強風 満潮 災害救助法
NO.
高知4097

よく似た災害

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風による強風で、須崎では瓦が飛ぶ、塀が倒れるなどの被害が出た。須崎高校の増築校舎の北側の瓦は大半が吹き飛んだ... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日2時頃、台風15号(洞爺丸台風)が大隅半島に上陸し、非常に速い速度で北東進を続けた。本県では風が強く、宿毛では6時13... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日2時頃、台風が鹿児島県大隅半島に上陸、急速度で北東進を続け、函館港で連絡船洞爺丸が沈没した。本県では2時から7時頃に暴... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月24日~27日の洞爺丸台風は、多度津北方を通過し、高松気象台の観測によると、高松で瞬間最大風速34.4m、平均風速24.4m... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風により、県内では西よりの強風とやまじ風のため風害が顕著であった。また、気象潮は高松で120cmに達し、高潮... 続きを読む