昭和31年~32年の干ばつ

災害年月日
1956年11月11日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和31年(1956)11月11日から翌32年1月13日まで、高知では64日間無降水で、電力事情は悪化し、井戸水は涸れ、水道水は不足して麦、野菜等農作物に被害が発生した。さらに、2月8日から4月9日まで比較的雨が少なく、各地で水不足となった。特に高知の3月の雨量は38ミリで、平年の21%に過ぎず、測候所開設以来の新記録となり、神武以来の水不足と言われた。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、82頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
干ばつ 神武以来の水不足
NO.
高知4100

よく似た災害

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から1月13日まで、高知では64日間無降水となり、水不足のため、麦、野菜等の農作物に被害が出た。また、県下ではインフ... 続きを読む

昭和31年の干ばつ

昭和31年(1956)11月から翌3月まで64日間雨がなく、電力事情は悪化し、井水は涸れ、農作物の被害も多かった。神武以来の水不足と言われた。 続きを読む

昭和31年11月の干ばつ

昭和31年(1956)11月11日から1月13日まで64日間無降水で、電力事情は悪化し、水不足となり、麦、野菜等農作物に被害が発生した。 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)6月の梅雨期からの高温少雨が10月の中頃にまで続き、特に8月高知の雨量は7.6ミリで驚異の記録となった。高知では7月26日~9月... 続きを読む

昭和4年7月の干ばつ

昭和4年(1929)7月10日の梅雨明けより8月中旬の台風来まで、中間に一週間くらいの雨天はあったが、雨量は少なく、全般に水不足となり、なお炎暑強く、... 続きを読む