昭和32年の台風7号

災害年月日
1957年08月20日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和32年(1957)8月20日、台風7号により、特に渡川・仁淀川上流域で大雨が集中した。東津野では総雨量900ミリで、仁淀川は20日に警戒水位を突破し、渡川でも21日7時に6.3mに達し、小河川は氾濫した。18日~20日の雨量は東津野で820ミリ、梼原で630ミリ、大正で370ミリ、大野見で340ミリとなった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、82頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 渡川 仁淀川
NO.
高知4101

よく似た災害

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号が九州西方海上を北上した。本県では18日夕刻から全般に雨となり、20日は強く、渡川・仁淀川上流域に特に大雨が... 続きを読む

昭和29年の洪水

昭和29年(1954)9月13日午後、台風により暴風雨となった。雨量は県境山地で多く、東津野では600ミリを越え、渡川は洪水となった。具同での水位は2... 続きを読む

昭和18年7月の台風

昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、梼原の降雨量は894ミリ。降雨量は最多地の東津野で1,300ミリに達した。 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月10日、台風9号により、渡川上流域の東津野で総雨量が1,034ミリに達した。8月9日21時30分頃には、中村市で渡川左岸堤が... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日、台風12号が北上した。12日~13日の雨量は東津野で628ミリ、梼原で582ミリで、渡川では洪水となった。須崎の被害... 続きを読む