昭和32年9月の洪水

災害年月日
1957年09月09日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和32年(1957)9月9日~11日、停滞していた前線が台風11号によって刺激され、100~300ミリの雨が降り、被害を出した。新荘川が氾濫し、上分首永の堤防130mが決壊した。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、82頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雨 洪水 新荘川 堤防決壊
NO.
高知4102

よく似た災害

昭和32年の台風10年

昭和32年(1957)9月8日、台風10号により新荘川が氾濫し、上分首永の堤防130m決壊。 続きを読む

嘉永3年の洪水

嘉永3年(1850)、長雨で立間川が氾濫し、御弓ノ丁御旗組の堤防が決壊し、御弓ノ丁では家屋の流失、溺死者を出した。 続きを読む

明治43年の水害

明治43年(1910)、宍喰川が氾濫し、中角堤(延長120間余)が決壊した。 続きを読む

昭和32年の台風10号

昭和32年(1957)9月8日、台風10号が宮崎付近から四国西北部を北東進し、県西南部は暴風となった。須崎市では新荘川が氾濫し、上分首永の堤防が130... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)、4、5日降り続いた雨により、物部川が氾濫し、竹が鼻の堤防が決壊し、濁水が三島村を荒廃させた。 続きを読む