昭和34年の大雪

災害年月日
1959年01月16日
市町村
高知県
災害種類
雪害  
概要
昭和34年(1959)1月16日~17日、大雪となり、交通機関や農作物に被害を出した。幡多地方は陸の孤島となった。積雪は中村で3cm、江川崎で16cm、梼原で32cm、東津野で20cmに達した。被害は死者1人、臨時休校59校、バス不通27箇所に及んだ。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、83頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雪 死者 交通途絶
NO.
高知4103

よく似た災害

昭和34年の大雪

昭和34年(1959)1月16日~17日、大雪により、幡多郡地方は陸の孤島となった。積雪は梼原で32cm、東津野で20cm、江川崎で16cmを記録した... 続きを読む

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)1月下旬、各地で大雪となった。本県山間では交通が止まり、小中学校が臨時休校した。最深の積雪は大正で10cm、梼原で60cm、東津... 続きを読む

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月20日、台風7号により、特に渡川・仁淀川上流域で大雨が集中した。東津野では総雨量900ミリで、仁淀川は20日に警戒水位を突破... 続きを読む

昭和37年の大雪

昭和37年(1962)1月下旬、冷え込みが続き、各地で大雪となった。山間部では交通が止まり、小中学校が臨時休校した。積雪は梼原で60cm、東津野で34... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月29日14時頃、台風16号が土佐市宇佐付近に上陸し、北進した。宇佐港では平常より水位が2m高くなり、堤防が決壊した。28~2... 続きを読む