昭和41年5月の大雨

災害年月日
1966年05月20日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和41年(1966)5月20日から22日にかけて、低気圧と熱帯低気圧により、本県には顕著な集風線が形成され、県下各地に局地豪雨が発生した。須崎市池ノ内では、池ノ内池の水があふれ、20戸が床上浸水し、21日夕方までに47人が須崎小学校に避難した。20日~21日の雨量は須崎で382ミリに達した。県中部の被害は床上浸水21戸、床下浸水82戸、非住家1棟等であった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、91-92頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雨 池ノ内
NO.
高知4112

よく似た災害

昭和47年6月の大雨

昭和47年(1972)6月7日、台風3号くずれの低気圧によって梅雨前線が刺激され、須崎市では9時から午後3時までに140ミリの雨を記録した。このため、... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月6日、暴風雨と津波が起こった。翌日にはその勢いが激しくなり、海水は浦を襲ったので、町民1,000余人が小学校に避難した。 続きを読む

昭和41年8月の大雨

昭和41年(1966)8月12日から25日にかけて、台風13号、熱帯低気圧、台風15号により、高知県では連日の大雨となった。須崎市では15日午後零時2... 続きを読む

平成7年5月の洪水

平成7年(1995)5月11日午後、長生町西方の岡川が増水し、民家等の床上・床下浸水が発生し、3戸が阿南第一中学校に避難した。 続きを読む

昭和45年7月の大雨

昭和45年(1970)7月8日、梅雨前線上を発達した低気圧が通過し、県中部などで豪雨となった。須崎の雨量は278ミリに達し、床上浸水10戸の被害が出た... 続きを読む