昭和51年8月の大雨

災害年月日
1976年08月09日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和51年(1976)8月9日未明から、高知県各地は強い雨に見舞われた。この雨は台風13号の影響によるものであった。また、安和海岸で遊泳中の大学生ら3人が高波にさらわれて1人が行方不明となった。9日未明から午前11時までの雨量は須崎で96ミリ、窪川で98ミリ、佐川で93ミリに達した。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、103頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雨 安和海岸 高波 行方不明
NO.
高知4123

よく似た災害

昭和48年の台風10号

昭和48年(1973)8月15日、台風10号が九州西岸に近づき、16日午前9時までの雨量は鳥形山で310ミリ、池川で252ミリとなった。15日午後、日... 続きを読む

昭和51年2月の高波

昭和51年(1976)2月16日正午過ぎ、高波のため潮流測定船が転覆し、2人が行方不明となった。 続きを読む

昭和51年2月の高波

昭和51年(1976)2月16日正午過ぎ、高波のため潮流測定船が転覆し、2人が行方不明となった。 続きを読む

昭和13年8月の大雨

昭和13年(1938)8月27日~28日、熱帯低気圧により大雨となった。27日の雨量は後免で359ミリ、入河内で342ミリ、長沢で337ミリ、桑尾で3... 続きを読む

昭和27年2月の強風

昭和27年(1952)2月6日正午頃、強風のため、小豆島南方海上で運搬船が転覆し、3人が行方不明となった。(四国新聞による) 続きを読む