昭和53年の大雨

災害年月日
1978年07月12日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和53年(1978)7月12日夜、集中豪雨が県中央部を襲った。高知市の時間雨量は90ミリを記録した。市内のほぼ全域にわたって家屋浸水や道路冠水の被害が出た。県下の被害は死者1人、家屋の床上浸水525戸、床下浸水5,170戸に及んだ。12日午後9時~13日午前11時の雨量は高知市で357ミリ、須崎で154ミリ、船戸で136ミリ、窪川で200ミリであった。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、115頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
集中豪雨 死者
NO.
高知4126

よく似た災害

昭和13年8月の大雨

昭和13年(1938)8月27日~28日、熱帯低気圧により大雨となった。27日の雨量は後免で359ミリ、入河内で342ミリ、長沢で337ミリ、桑尾で3... 続きを読む

昭和47年7月の集中豪雨

昭和47年(1972)7月4日~6日、集中豪雨。高知市の被害は小さかったが、土佐山田町繁藤で1日742ミリの記録的な集中豪雨により追廻山で高さ80m、... 続きを読む

昭和54年6月の大雨

昭和54年(1979)6月26日~30日、前線が四国付近に停滞、活発化し、大雨となった。総雨量は松山で407ミリ、宇和で゙520ミリとなり、被害は負傷... 続きを読む

昭和35年7月の大雨

昭和35年(1960)7月7日~8日の大雨により、西讃地方の雨量は200ミリ前後、東讃の雨量は100ミリ前後となり、西讃で被害が多かった。県下の被害は... 続きを読む

昭和14年9月の大雨

昭和14年(1939)9月16日、低気圧が四国を通過し、局部的な大雨となった。15日~16日の雨量は穴内で400ミリ、仁井田で358ミリ、後免で304... 続きを読む