昭和55年8月の大雨

災害年月日
1980年08月03日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和55年(1980)8月3日から4日にかけて、県西部を中心に激しい雨が降った。国鉄は4日午後3時から、土讃線の須崎以西の運転を中止した。また、国道56号は中土佐町久礼の久礼坂で落石の恐れがあり、4日午後5時から車両通行止めとなった。このため、東津野村船戸から国道197号経由で須崎方面に抜けようとする車も多く、東津野桑ヶ市で大学生の運転する車が四万十川に転落して死亡する事故も起きた。3日~5日正午の雨量は須崎で254ミリ、東津野船戸で332ミリ、梼原で249ミリ、窪川で395ミリに達した。
Googleマップ
参考文献
大家順助編「須崎消防の歩み 第2巻 自然災害の記録」(高幡消防組合須崎消防団本部、1985年)、115頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雨 国鉄 国道56号 死者
NO.
高知4127

よく似た災害

昭和45年9月の大雨

昭和45年(1970)9月21日午後、秋雨前線の影響により、須崎市などでは局地的な集中豪雨となった。特に午後2時頃には1時間で100ミリを越えるほどの... 続きを読む

平成15年5月の大雨

平成15年(2003)5月13日に東シナ海で発生した低気圧が翌14日夜遅くにかけて四国南岸を東進した。これに伴い、高知県の南東斜面を中心に激しい雨とな... 続きを読む

昭和53年の大雨

昭和53年(1978)7月12日夜、集中豪雨が県中央部を襲った。高知市の時間雨量は90ミリを記録した。市内のほぼ全域にわたって家屋浸水や道路冠水の被害... 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月25日~27日、台風13号により、暴風雨による被害が出た。梼原町役場の観測によると、26日午後4時~27日午後3時の雨量は6... 続きを読む

平成5年10月の大雨

平成5年(1993)10月28日から29日にかけて、東シナ海から移動してきた低気圧が発達しながら西日本の日本海側を通過し、29日午後6時40分に高知県... 続きを読む