安永8年の桜島噴火

災害年月日
1779年11月08日
市町村
高知県
災害種類
火山災害  
概要
安永8年(1779)10月1日、桜島が噴火し、土佐をはじめ諸国に灰が降る。/史料掲載:「安芸郡史考」
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、90頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
桜島噴火 降灰 安芸郡史考
NO.
高知4135

よく似た災害

天保3年の髙波

天保3年(1832)9月11日、安芸郡に津波が襲い、室戸港、津呂港、室津港が破損。/史料掲載:「室戸町誌」、「安芸郡史考」 続きを読む

安永8年の桜島噴火

安永8年(1779)10月1日、桜島が噴火し、降灰がおびただしかった。古文書によれば、「紀州熊野、土佐海辺、尾州、関東辺、及江戸、小灰降事雪の如し、是... 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月13日朝、もうもうとして濃い霞のようであった。やがて草木の葉に灰がかかった。前日に噴火した桜島の火山灰であった。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)1月12日、桜島噴火により、灰が郡下一面に降った。 続きを読む

大正3年の桜島噴火

大正3年(1914)、鹿児島県桜島が大爆発を起こした。本町は遠距離であるが、灰が降ってきて、日中暗くなるほどであったという。 続きを読む