慶応2年8月9日の高波

災害年月日
1866年09月13日
市町村
高知県土佐市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月5日~7日の大波により岩崎の道崩れ、往来出来ないため、総出で道をつくる。/史料掲載:「晴雨日記」
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、240頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
高波 岩崎 晴雨日記
NO.
高知4140

よく似た災害

慶応2年8月12日の高波

慶応2年(1866)8月12日、風波高く、宇佐の海岸崩壊する。/史料掲載:「晴雨日記」 続きを読む

慶応3年の高波

慶応3年(1867)8月10日、風波のため、宇佐の沿岸崩壊する。/史料掲載:「晴雨日記」 続きを読む

慶応2年5月の高波

慶応2年(1866)5月15日、岩崎の道両3日跡の大波により大崩れになる。/史料掲載:「晴雨日記」 続きを読む

安政5年の高波

安政5年(1858)7月28日、風波高く、宇佐の海岸が崩れる。/史料掲載:「地震日記4」 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月、伊勢湾台風により、上板町仁界地区は水害に見舞われ、この頃から宮川内谷川にダムをつくる必要が高まってくる。 続きを読む