昭和22年の火災

災害年月日
1947年11月02日
市町村
高知県須崎市
災害種類
火災  
概要
昭和22年(1947)11月2日午後6時45分頃、須崎市西町で火災が発生し、木造網納屋16棟、工場1棟を全焼する大火となり、数人の負傷者が出た。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、230頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
火災 西町
NO.
高知4143

よく似た災害

昭和2年の火災

昭和2年(1927)5月8日午後2時頃、野村の民家から出火、住居8戸、納屋4棟を全焼。 続きを読む

昭和24年5月の火災

昭和24年(1949)5月6日、中村町で出火、運送会社の50余個のガソリン缶に引火し、連続爆発により大火となった。住家9棟、非住家5棟、トラック4台を... 続きを読む

昭和50年3月の火災

昭和50年(1975)3月11日2時45分頃、徳島市幸町のかもぼこ製造工場から出火、5棟を全半焼した。 続きを読む

昭和50年3月の火災

昭和50年(1975)3月11日2時45分頃、徳島市幸町のかもぼこ製造工場から出火、5棟を全半焼した。 続きを読む

昭和50年3月の火災

昭和50年(1975)3月11日2時45分頃、徳島市幸町のかもぼこ製造工場から出火、5棟を全半焼した。 続きを読む