昭和47年の豪雨

災害年月日
1972年07月05日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和47年(1972)7月4日夕刻から、高知県は局地的な豪雨に見舞われた。土佐山田町繁藤の追廻山が崩壊し、死者58人、行方不明2人の災害が起きた。須崎地方でも5日7時23分に大雨洪水警報が発令されたが、高陵病院付近の排水路からの水のあふれや国道56号栄町三叉路付近の浸水などで、被害は微少であった。なお、須崎消防団も繁藤山崩れの遺体捜索のため、8日~10日の3日間で180人が交代で救援活動に協力した。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、237頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
豪雨 繁藤災害 洪水
NO.
高知4149

よく似た災害

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日夕刻から、高知県は局地的な豪雨に見舞われた。土佐山田町繁藤では山崩れにより死者58人、行方不明2人の災害が起きた。須崎地... 続きを読む

昭和47年の繁藤豪雨

昭和47年(1972)7月4日~5日、梅雨末期の豪雨のため、土佐山田町繁藤で大規模な山崩れが起こり、県内の死者は61人に及んだ。須崎市では、国道56号... 続きを読む

昭和45年7月の豪雨

昭和45年(1970)7月8日~9日、梅雨前線により、日章、須崎、柿ノ又、野根付近の海岸地方で強雨となった。被害は住家の一部破損2棟、床上浸水12棟、... 続きを読む

昭和53年5月の集中豪雨

昭和53年(1978)5月、大方町西部が集中豪雨に襲われて栃瀬川や淵の川が氾濫し、これまで誰も経験したことのない大洪水となった。被害は、家屋(全壊や半... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

image

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧が発達しながら四国東部を通り北東に進んだため、引田町は雨量331ミリの集中豪雨に見舞われた。第二室戸... 続きを読む