昭和63年の山火事

災害年月日
1988年02月20日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
火災  
概要
昭和63年(1988)2月20日午前11時40分頃、窪川町で山林火災が発生し、約50aを焼失した。原因は病虫害駆除のため、田岸の雑草を焼却していて強風により飛び火、拡大したためである。窪川町の火災の特色は、春先に田岸の雑草焼却によるものが多い。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、243頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
山火事 雑草焼却
NO.
高知4151

よく似た災害

昭和32年の山株の山火事

昭和32年(1957)3月21日午前10頃、窪川町山株で山林火災が発生し、約5町歩を焼失し、午後4時鎮火した。 続きを読む

昭和32年の興津の山火事

昭和32年(1957)3月21日午後0時20分頃、窪川町興津(興津坂)で山林火災が発生し、窪川町消防団が出動した。22日午後4時鎮火した。 続きを読む

昭和35年の床鍋の山火事

昭和35年(1960)2月10日、窪川町床鍋の国有林から出火し、窪川町消防団及び窪川営林署員が出動した。翌11日に鎮火した。 続きを読む

昭和61年の山火事

昭和61年(1986)2月2日午前11時頃、須崎市浦ノ内鳴無で山火事が発生し、焼失面積は2.7haとなり、18年生の檜6,900本が焼失した。原因は草... 続きを読む

昭和35年の檜生原の山火事

昭和35年(1960)2月3日、大正町吉川の国有林から出火し、窪川町檜生原に延焼し、窪川町消防団が出動した。翌4日に鎮火した。 続きを読む