昭和62年9月の集中豪雨

災害年月日
1987年09月24日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
風水害  
概要
昭和62年(1987)9月24日、四国付近を低気圧が通過したため、県西部を中心に強い雨に見舞われ、窪川では1時間に47ミリ、午後6時までの3時間に110ミリの豪雨を記録した。午後5時45分頃、窪川町金上野の吉見川沿いの堤防が崩れ出したため、住民に避難勧告が出された。(高知新聞)
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、245頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
集中豪雨 吉見川 堤防崩壊 避難勧告
NO.
高知4158

よく似た災害

昭和31年2月の集中豪雨

昭和31年(1956)2月27日、土佐清水、足摺岬付近で集中豪雨があり、時間雨量90ミリを記録した。日雨量は土佐清水で160ミリ、足摺岬157ミリとな... 続きを読む

平成元年8月30日の集中豪雨

平成元年(1989)8月30日未明から朝にかけて、県中東部は記録的な集中豪雨となり、芸西村で8時からの時間雨量が114ミリ、7時間の時間雨量が106ミ... 続きを読む

昭和19年の集中豪雨

昭和19年(1944)10月17日、集中豪雨に見舞われた。足摺でも17日12時から13時までの1時間に150ミリの豪雨があった。 続きを読む

昭和36年6月の集中豪雨

昭和36年(1961)6月24日夜、佐喜浜を中心に集中豪雨があり、538ミリを記録した。また、24日の雨量は野根で460ミリ、田野で332ミリ、室戸岬... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日午後9時過ぎから集中豪雨に見舞われ、3時間に133.5ミリの雨量を記録した。このため、小田川をはじめ河川があふれ出し、電... 続きを読む