大正5年の大雪

災害年月日
1916年12月26日
市町村
高知県梼原町
災害種類
雪害  
概要
大正5年(1916)12月25日より大雪となり、翌年2月27日まで雪が降り続いた。薪がとれず、困窮の人が多かった。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、252頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大雪
NO.
高知4179

よく似た災害

大正5年の大雪

大正5年(1916)12月26日~翌年2月27日、大雪が降り続き、120年来の大雪という。四万川、分丸、坪野田、井桑は丈余の高さに雪はかさみ、近所隣へ... 続きを読む

元禄4年の台風

元禄4年(1691)8月2日、大風により、久万山では米がとれず生活が困窮した。また、木の被害も多く、生活の道がなくなる者が多かった。(「久万山手鏡」に... 続きを読む

元禄4年の台風

元禄4年(1691)8月2日、大風により、久万山では米がとれず生活が困窮した。また、木の被害も多く、生活の道がなくなる者が多かった。(「久万山手鏡」に... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日午前11時から翌11日午後6時半まで、雪が降り続いた。特に10日夜から11日午前中に降り積もった雪は、8寸4分(約26... 続きを読む

昭和6年の大雪

昭和6年(1931)2月9日午後2時頃から雪が降り出し、翌10日午前7時まで降り続いた。降雪量は、阿讃山岳部で30~47cm、平地で23cmで、明治4... 続きを読む