昭和8年の長雨

災害年月日
1933年00月00日
市町村
高知県梼原町
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和8年(1933)、長雨が続いたため、四万川竜王様で地区民が天候和順祭(天候が順調に回復するように願う祭)を行った。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、252頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
長雨 四万川 天候和順祭
NO.
高知4181

よく似た災害

昭和55年の長雨・低温

昭和55年(1980)夏、異常気象により長雨と低温が続き、日照不足だったため、農作物への被害が心配された。しかし、9月に入ってからは良い天候に恵まれ、... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月7日から6月20日まで、降雨が続いた。このため、麦は一粒も実らない所もあり、水田はイモチ病がはびこった。村では長雨被害対策協... 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日頃から、天候が不順となって霖雨が続いた。重信川と石手川をはじめ諸川が増水して、閏5月10日頃に氾濫し、交通が途絶した。... 続きを読む

天明7年の長雨

天明7年(1787)春、霖雨。4月6日、出石寺で霖雨退散祈祷を行った。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による) 続きを読む

昭和18年の長雨

昭和18年(1843)6月、長雨が40日余続き、麦の刈り取りと乾燥ができず、大半は刈り干したまま発芽した。村は学校、公会堂などの大建物を開放して麦の乾... 続きを読む