昭和23年の大火

災害年月日
1948年03月04日
市町村
高知県四万十町(大正町)
災害種類
火災  
概要
昭和23年(1948)3月4日午後8時15分、田野々から出火し、田野々集落の約8割を焼失した。焼失した建物は537戸、山林は400町歩に及び、損害額は9億2千万円以上となった。5日午前4時30分に鎮火した。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、256頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
大火 田野々
NO.
高知4189

よく似た災害

昭和23年の大火

昭和23年(1948)3月4日午後8時15分、大正町田野々の大正営林署田野々土場から出火し、西風にあおられて田野々集落の約8割を焼失し、翌5日午前4時... 続きを読む

昭和35年の大火

昭和35年(1960)3月20日、滑川地区郷で大火があった。突風にあおられて8戸24棟全焼、老母1人、牛2頭、山羊2頭、綿羊1頭、鶏多数焼死、米穀、医... 続きを読む

大正14年の火災

大正14年(1925)7月25日夜半12時頃、落合で出火し、翌26日午前6時頃鎮火した。被害は全半焼合わせて30戸に及び、損害額は約30万円であった。... 続きを読む

昭和7年の大火

昭和7年(1932)2月20日午後8時30分、中島町の製材所から出火し、火は大風にあおられて海岸に向かい、焼失家屋231戸、罹災民1,057人、損害額... 続きを読む

昭和40年の大火

昭和40年(1965)1月10日午前4時40分頃、新町の民家から出火し、戦前・戦後を通じて最大の大火事となった。約10mの北東の強風のため、火は付近一... 続きを読む