昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月08日
市町村
高知県津野町(葉山村)
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月8日~9日、台風9号は移動速力が遅く、豪雨となった。船戸で980ミリを記録し、新荘川では30年来の大洪水となった。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、261頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 豪雨 新荘川 洪水
NO.
高知4213

よく似た災害

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風により、雨量は須崎で300ミリ、東津野で716ミリ、梼原で612ミリ、大野見で533ミリとなった。幡多郡では昭和... 続きを読む

明治25年の台風

明治25年(1892)7月23日6時頃、台風が高知市付近に上陸した。風は弱かったが、大変な雨で、新荘川は洪水となった。新荘村の大角豆尻地区では堤防が破... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。仁淀川では大洪水となった。雨量は長者で734ミリ、池川で665ミ... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月5日、6日昼夜大降雨、7日大洪水。吉野川では大洪水により流家が多く、50年来の大水と言われた。「七夕水」という。 続きを読む

平成4年の台風11号

平成4年(1992)8月19日、台風11号により、半壊・床上浸水283戸、床下浸水158戸、浸水面積414ha。(四万十川の主な洪水の歴史による)/台... 続きを読む