昭和10年の台風

災害年月日
1935年08月25日
市町村
高知県四万十町(十和村)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月25日~28日、台風が土佐清水付近に上陸し、本県を斜断して高松方面に抜けた。田野々の雨量は2日間で660ミリに達し、幡多郡では死者5人、負傷者68人、全壊126戸、半壊473戸、流失193戸、浸水4,533戸の被害が出た。十和村では、田畑は大野、川口、地吉、井崎等の河岸が荒廃し、稲作は6割減、畑作では名物黎が全滅した。村の被害は田流出7丁6反歩、畑流失20町1反歩、橋梁6箇所、井堰流失17箇所、浸水家屋105棟等で、損害額合計は約16万円に及んだ。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、264-265頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 死者
NO.
高知4217

よく似た災害

大正12年の集中豪雨

大正12年(1923)9月14日~15日、県東部で集中豪雨のため、相生村の稲作被害は収穫皆無196反、8割減181反、7割減278反、6割減208反、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時、室戸台風が四国に上陸した。風害は梨4町6反が4割減、水稲100町及び蜜柑15町は1割減、柿500本は5割減とな... 続きを読む

昭和13年9月の洪水

昭和13年(1938)9月5日、大暴風により、古川が氾濫し、村内各所で水害が起こった。水稲の被害は、4割減収15町歩、2割以下減収397町6反歩に達し... 続きを読む

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月25日~28日、台風が土佐清水付近に上陸し、本県を斜断して高松方面へ抜けた。田野々の雨量は2日間で660ミリに達した。幡多郡... 続きを読む

昭和30年の台風23号

昭和30年(1955)10月3日夜半前から、台風23号の暴風雨圏に入り、足摺では風速25.2m、清水では日雨量261ミリを記録した。県下の被害は負傷者... 続きを読む