明治42年の台風

災害年月日
1909年08月06日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
明治42年(1909)8月6日、台風による風と激浪のため、幡多一帯で出漁船の多くが遭難し、100余人の命を失う遭難史上空前の大惨事となった。
Googleマップ
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、90頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 漁船遭難 死者
NO.
高知4347

よく似た災害

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月7日、台風8号が来襲し、小豆島東部で大災害が発生した。内海町橘、岩ヶ谷、福田、吉田地区の東部海岸で死者29人の大惨事となった... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、三瓶町では夜半2時頃より風雨が強くなり、出漁中の周木、長早、二及、垣生の漁船約15隻の安否が気づかわ... 続きを読む

宝暦元年の台風

宝暦元年(1751)6月12日、大暴風雨により数十艘の船舶が遭難して100余人の死者を出した。 続きを読む

明治17年の高波

明治17年(1884)、大津波が発生し、海岸一帯の岸壁や家屋を押し流す大惨事となった。 続きを読む

昭和25年のジェーン台風

昭和25年(1950)、ジェーン台風は県東部を直撃し、室戸台風に次ぐほどの大惨事となった。 続きを読む