昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、猛烈な台風が奈半利町に上陸し、近畿地方に向かった。室戸台風と名付けられている。足摺岬では風雨による被害はあまりなかったが、激浪が岬を襲った。波の高さは18mを越え、海面から28m以上の高地にある墓所も飛沫を浴びたという。港近くにあった鰹節製造工場は激浪に押し倒され、納屋にあった鰹節300貫が一瞬のうちに波にさらわれた。
Googleマップ
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、90頁及び99頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
室戸台風 高波
NO.
高知4348

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日の室戸台風は、被災人員11,159人で風速60mという大規模なものであった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時頃、高知県奈半利町に上陸した台風で、最低気圧684ミリ、最大風速45mという当時の世界最大級の台風と言われた。鷲... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時、室戸台風が室戸岬の西方に上陸し、徳島の南西方から鳴門海峡、淡路島を通って大阪湾に向かった。21日5時10分に室戸観... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日5時10分、台風が室戸岬を通った時、最低気圧は684.0ミリという空前の最低記録となった。被害は台風通路の東部の海部郡、... 続きを読む