明治32年の台風

災害年月日
1899年08月00日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)8月、台風あり。東南の風から西風に変わって、全村の屋根・瓦が飛び、家屋1戸が倒壊した。
Googleマップ
参考文献
橋本登著「下茅の歴史」(橋本美恵子、1975年)、64頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風
NO.
高知4356

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、台風が夜須付近に上陸し、東部は暴風雨、高潮となった。安芸郡で死者33人、家屋の全壊1,854戸、半壊1,240戸、大破... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により屋根瓦が落ち、塀が倒れ、家が傾き、棟が落ちた。被害は三井東西、真天南部、山階南部、向井で大きかった... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日午前11時半頃から、第二室戸台風により、松茂町では家屋は倒壊し、屋根瓦が飛散し、小堤の松の立木や広島北川向の野神社(三... 続きを読む