昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月26日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月26日、台風が九州南端に接近して、大川筋地域も暴風雨圏に入った。27日には朝から大暴風雨となり、増水したため、土地の低い所の家から順次荷上げが始まった。28日も雨は続き、増水が続いた。この洪水の水位は明治23年の洪水の時よりも約25cm低かったが、旧中村市でも全市街地くまなくと言ってよいほど浸水した。川登集落では、9割の家が浸水した。住民の中には荷上げもできず、命からがら裏山や高い家に避難した人もいた。
Googleマップ
参考文献
大川筋村誌編纂委員会編「村誌 川辺のふるさと大川筋」(大川筋村誌編纂委員会、2008年)、158-159頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 荷上げ 川登
NO.
高知4359

よく似た災害

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月6日、台風14号による暴風雨のため、午後2時頃には国道441号の川平分岐(川登)あたりは浸かり始め、低いところで荷上げが始ま... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月、大洪水。資料が少なく、詳しいことは分かりにくいが、台風が九州、四国を横断し、9月9日にボツボツ雨が降り始め、10日と11日... 続きを読む

昭和3年の洪水

昭和3年(1928)8月29日夜半からの大雨により、30日朝には吉野川は増水し、井内谷川の洪水を伴い、警鐘が響く中、市河原及び浜の町は浸水した。この日... 続きを読む

昭和6年6月の洪水

昭和6年(1931)6月12日正午頃から2時間ほど豪雨となり、その1時間余りして本町や新町から浸水した。この洪水の原因は、天神付近の日和佐川の堤防を越... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月28日、暴風雨となり、正午過ぎから雨も風も激しさを増し、吉野川、四万十川は増水し、川沿いの桑畑が浸水し始めた。4時頃には道路... 続きを読む