元禄13年の風雨

災害年月日
1700年07月00日
市町村
高知県幡多郡
災害種類
風水害  
概要
元禄13年(1700)6月、大風雨のため、稲枯死。
Googleマップ
参考文献
幡多社会科教育研究会編「幡多の歴史」(幡多地区教育委員会連絡協議会、1966年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨
NO.
高知4433

よく似た災害

元禄13年の風雨

元禄13年(1700)6月晦日より、東中筋村は大風雨のため、植え付けた稲が枯死した。 続きを読む

元禄2年5月の風雨

元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋の口石垣が崩る。(「力石本家譜」による) 続きを読む

元禄2年5月の風雨

元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋ノ口石垣が崩れた。(「力石本家譜」による) 続きを読む

元禄2年5月20日の風雨

元禄2年(1689)5月20日、風雨のため、大洲枡形の樋の口の石垣が崩れた。(「伊予風水害小史(力石本家譜)」による) 続きを読む

元禄15年8月の大雨

元禄15年(1702)8月、大雨のため、10余日浸水。 続きを読む