昭和10年の洪水

災害年月日
1935年08月29日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)8月28日、土佐清水付近に上陸した台風により、風雨ともに猛烈をきわめた。28日の雨量は大正452ミリ、新田449.7ミリに達した。具同地点の水位が10m以上を示した時間は、28日19時頃から29日6時過ぎまでの11時間以上も続き、出水の激しさがうかがわれる。具同地点の流量は16,008m/秒、水位は11.34mと既往最高を示し、しかも当時は渡川が築堤工事中のため、平地はことごとく水没した。また、中筋川流域は平均湛水深さ5~6mに及び、湖のようであったと言われている。
Googleマップ
参考文献
山本恒男編「渡川下流域における地形と洪水について」(山本恒男、1975年)、22-30頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 四万十川 中筋川
NO.
高知4444

よく似た災害

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月13日、台風29号(キジア台風)が鹿児島県の志布志湾に上陸し、九州を縦断した。具同の水位は14日3時に7.85mに達し、中村... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧による大雨。26日の雨量は大正320ミリ、梼原207ミリ、具同198ミリで、具同の水位は27日3時に... 続きを読む

昭和7年の台風

昭和7年(1932)8月10日より16日にかけて、長期の暴風雨が襲ってきた。雨量は高知市で100ミリ位、魚梁瀬で1,100ミリという氾濫ぶりを示した。... 続きを読む

昭和38年の洪水

昭和38年(1963)8月9日13時過ぎ、台風が大分県崎付近に上陸し、九州北部を北西に進み、10日に玄界灘から日本海に出た。台風の速度が遅かったため、... 続きを読む

昭和49年9月の洪水

昭和49年(1974)9月、洪水。中央橋地点の写真1枚と鮎喰川合流地点の写真1枚。 続きを読む