昭和38年の洪水

災害年月日
1963年08月09日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
昭和38年(1963)8月9日13時過ぎ、台風が大分県崎付近に上陸し、九州北部を北西に進み、10日に玄界灘から日本海に出た。台風の速度が遅かったため、渡川流域に豪雨をもたらした。具同地点の最大流量は13,319m/秒、最高水位は10.45mを記録し、昭和10年に次ぐ洪水となった。築堤の完成により、旧中村町は浸水を免れたものの、佐岡では2箇所、古津賀では1箇所堤防が決壊したため、佐岡及び古津賀地区は浸水した。中筋川では堤防高が渡川より約2mも低いため、逆流した水が溢れ、流域一帯に氾濫した。
Googleマップ
参考文献
山本恒男編「渡川下流域における地形と洪水について」(山本恒男、1975年)、22-30頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 洪水 四万十川 堤防決壊 中筋川
NO.
高知4445

よく似た災害

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月10日、台風9号により、渡川上流域の東津野で総雨量が1,034ミリに達した。8月9日21時30分頃には、中村市で渡川左岸堤が... 続きを読む

昭和40年の台風23号

昭和40年(1965)9月15日、台風23号により、具同の水位は15時に7m20cmとなった。古津賀堤防外7箇所の低水護岸が7,356万円余の被害。一... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、降雨量は四万十川上流で900ミリを越し、佐岡・古津賀地区の堤防が決壊した。中村市での被害は、死者1名、... 続きを読む

昭和38年の洪水

昭和38年(1963)、中村側の後川堤防ぎりぎりまで増水、古津賀堤防決壊、具同高水位11.18m。 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が九州、四国の南端をかすめた。仁淀川、渡川上流域や魚梁瀬地方などでは総雨量700ミリに達し、渡川では8日警戒水... 続きを読む