昭和29年の火災

災害年月日
1954年07月13日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
火災  
概要
昭和29年(1954)7月13日、於東町で火災。全焼555世帯、半焼3世帯、罹災170人、焼失坪数600坪、被害額4,817万円余。
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、111頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
火災 於東町
NO.
高知4471

よく似た災害

昭和45年の火災

昭和45年(1970)1月14日16時9分、外開より出火、店舗、住家延289㎡が全半焼、罹災7世帯、損害1,600万円。 続きを読む

昭和7年の火災

昭和7年(1932)2月20日午前8時30分出火、11時頃鎮火、231戸焼失、罹災者1,057人、損害額15万円。(「中土佐町史」による) 続きを読む

昭和39年7月の火災

昭和39年(1964)7月26日、宿毛市中心街で商店など31棟が全半焼、26世帯119人罹災。(高知新聞による) 続きを読む

昭和29年7月の火災

昭和29年(1954)7月13日午後11時10分頃、於東町から出火し、新町、南京町、一条通へも延焼し、36戸全焼、3戸半焼し、午前2時に鎮火した。損害... 続きを読む

昭和28年の火災

昭和28年(1953)2月9日16時45分、横須町より出火、住家6世帯11棟を全半焼。損害471万円。 続きを読む