文化12年の洪水

災害年月日
1815年08月10日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
文化12年(1815)7月6日より8日まで、風雨、洪水により、国内大破損、死者83人、幡多郡の損田2,934石余、堤防破壊22,500間余、潰屋12軒。
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、113頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
風雨 洪水 死者 堤防決壊 四万十川
NO.
高知4477

よく似た災害

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日より8日まで、風雨、洪水。国内大破損、死者83人、損田幡多郡2,934石余、堤防破壊22,500軒余、潰屋12軒。 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日より8日まで、中村は風雨、洪水に見舞われた。「中村町風水害史」には「文化十二年(一八一五年)七月六日より八日迄風雨洪水。... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)8月10日より12日まで、風雨、洪水により国中被害夥しく、死人83人、流失家屋181軒、損害数万石。(「御家年代略記」による)/... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月より8月までの風雨洪水により、幡多郡では死者1人、損田2,934石余、堤切崩22,050間余、流家12軒。(「中村町風水害史... 続きを読む

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月、洪水により、幡多郡で死者1人、損田2,934石余、堤防崩22,050間余、流下12軒。(「御家年代略記」による) 続きを読む