大正9年の台風

災害年月日
1920年08月16日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり、16日になって浸水した。被害は幡多全域にわたり、山崩れが各地に起こった。郡下の罹災範囲は30ヶ町村(当時36町村)に及び、人畜の死傷200を超え、家屋の倒壊・流失450戸、総損害高2,000万円にも及んだ。郡下に1,827円余の見舞金をいただいたが、中村町への配当は12円余であった。中村町の被害は、全潰家屋4戸、流失1戸、田畑111町歩、桑園56町歩、橋梁流失2箇所であった。
Googleマップ
参考文献
中村市社会教育研究同好会編「私達の郷土 中村市(地誌編)」(中村市社会教育研究同好会、発行年不明)、115-116頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
豪雨 洪水 四万十川 山崩れ 死者
NO.
高知4483

よく似た災害

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり雷鳴絶え間なく、16日に浸水。中村町の被害は家屋の全壊4戸、流失1戸、田畑11... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月、台風により、中村町の被害は全壊4戸、流失1戸、田畑111町歩、桑園56町歩、橋梁流失2箇所であった。幡西、渭南地方の惨状は甚... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月14日、台風のため午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり雷鳴絶え間なく、16日に浸水。中村町の被害は全壊4戸、流失1戸、田... 続きを読む

大正9年の豪雨

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり、雷鳴絶間なく、16日に浸水。中村町の被害は全壊4戸、流失1戸、田畑111町歩... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月14日午後4時頃より降雨、15日正午頃豪雨となり、16日午後4時頃水は絶頂となり、北京町、西下町、中ノ丁一部、南京町一部を除い... 続きを読む